防御は最大の攻撃

札幌中央形成外科
武藤英生院長のコラムより

 

 

防御は最大の攻撃

 

お肌の劣化、最大の原因は加齢ではあるものの、乾燥した空気や紫外線といった外的要因も見逃せません。肌の最外層に位置する角質層はたったの0.02㎜しかありませんが、バリア機能に優れている事より外部からの刺激から肌を保護するだけでなく、同時に肌の保湿をも担っています。しかし種々のストレスによりこの防衛ラインが崩壊するとその深部にある真皮層はダメージを免れることができず、シワ、弛みといった劣化の進行が加速されてしまいます。

またダメージによって乱された肌のターンオーバーは、角質層内に含まれるセラミドやNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)の含有量を低下させ、より肌を乾燥に導いてしまうのです。

 

お肌の劣化を取り戻すのは至難の業です。

日常生活を送るうえで、外的要因に曝される状況の中で一度失ってしまった機能をbeforeの状態まで復元させるのは不可能と言っても過言ではありません。だからこそ普段からのスキンケアは疎かにできない防衛ライン死守と言えるのです。

 

このBLANCLIST SERUMとMOIST VEIL JELLY CREAMはそれぞれ肌の機能を維持・強化するうえで独特な成分を含有しているところが興味深く思います。

 

BLANCLIST SERUMの注目点として、肌のターンオーバーを活性化する作用を有するセイヨウナシ果汁発酵液を含有している事から、より健康的な肌を構築することで保湿作用や皮膚弾力改善作用させ、同時に緩和なピーリング作用が期待される事より適度な角質層の厚みを維持する効果を期待できます。

 

MOIST VEIL JELLY CREAMに至っては、セラミドとNMFの元となるフィラグリンを同時に増やすWの保湿作用に特化したサガラメエキスを含有し、角質層の保湿機能維持に高い評価を得ています。

 

そしてどちらも食用にも用いられるほどの天然成分である事より安全性に優れ、特にサガラメエキスのみに含まれるフロロフコフロエコ-ル‐Bは優れた抗アレルギー性を有している事から、敏感肌やアトピー肌の方でもお使いいただけるスキンケアとして有力な選択肢の一つと認識し得るコスメと考えます。

 

保湿機能を最大に引き出し維持することで負けない肌を作る。

まさに防御は最大の攻撃なのです。

 
 

札幌中央形成外科
札幌市中央区北1条 西3丁目 MNビル2F

logo_white

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です